森林&ハーブ

11月「チャノキ(茶の木)に寄せて」ー連載「和ハーブタロット希望のメッセージ」@和ハーブStyle

チャノキ(茶の木)に寄せて

チャノキの花は、白く小ぶりで、葉の影に俯くようにして咲く。
そんな花姿からか、花言葉は「追憶、純愛、謙虚、思いを辿る」などがある。

チャノキはいわゆる「茶」だが、その花をみる機会は意外と少ない。
広大な茶畑が、白い花畑になることはない。
葉に栄養を行き渡らせるため、蕾のうちに刈り取ってしまうらしい。

また、チャノキは栽培が広まった結果、山間に自生しているものも多い。
人里離れた場所でチャノキが自生していたら、
そこはかつて集落があった後かもしれない。

暮らしの中だけではない。
茶ということばを使ったことわざはとても多い。
また「茶の湯」にみるように、人の精神(こころ)の深くに入り込んでいる。
人とチャノキの間には、様々な物語があって、一言で語れない関わりあいがあるようだ。
そういえば、「強い結びつき」という花言葉もあった。

喜びの日も、悲しみの日も、一杯の茶があった。
それは中国最古の薬物書『神農本草経』に最古のお茶が登場した頃ー紀元前2700年頃といわれる―から
遣唐使時代に留学僧が日本に持ち帰り、薬用として貴族たちが、
喫茶としては、鎌倉時代には武士が、室町時代以降は庶民にまで広まり…。
チャノキは多くの人々を見てきたことと思う。

歴史の中で、たとえ困難に出会っても時代を切り開いていく人々を見ては
そのすべてを懐かしむように、人知れず白い花をひっそりと咲かせてきたのかもしれない。
「困難との出会いさえ、いつか追憶の中で白い花が咲くように願いを込めて」と。

大きな困難を前に心折れそうな時、もう頑張れないと思った時、
そんな時を懐かしく思い出せる未来がきっとくる…!
誰もがそう信じられることを願って。

※画像は和ハーブタロットの「力」のカード。
ここでは、チャノキは「力の逆位置」の和ハーブ。

※麻羽たんぽぽのオリジナルタロットカード『和ハーブタロット』はこちら(Amazon)で購入できます。

ーー
連載「和ハーブタロット希望のメッセージ」@ショッピングサイト『和ハーブstyle』